バーベキューの歴史と注意点

バーベキューは、キャンプ場、公園、海岸、河原などの屋外で、肉、魚介、野菜などをガスや炭火で焼く料理です。
十六世紀にスペイン人がアメリカ人に豚の丸焼きを伝えたのが始まりです。

語源はスペイン語のbarbacoaという言葉で、「丸焼き」を意味しています。

アメリカでは、家長の父親が、ピットマスターとして料理を作り、家族や親戚、仲間達にサービスします。


自宅の庭にグリルが置いてある家庭が多く、焼き方には、直火焼き、燻製。
ロースト、遠火焼きがあります。


ソースの種類は地方によって異なり、ジョージア州は甘いトマトのソースを使います。ケンタッキー州ではトマトにビネガーを混ぜたソースを、テネシー州ではマスタードのソースを使います。

アメリカでは毎年、多くのコンテストがあり、賞金をかけて競い合っています。



日本でのバーベキューは、アメリカから野外体験教育が入ってきたことがきっかけで、始められました。

夏にするものというイメージがありますが、季節に関係なく楽しめるレジャーの一つです。

新木場公園のバーベキューを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

近年では、調理器具や食材を持っていかなくても、レンタルできる場所もあり、とても便利になりました。

注意点としては、炭火で焼く場合、火加減の調節が難しいので、焼きやすい食材を準備するか、レシピを決めておくと、失敗することがないでしょう。
バーベキュー初心者は、施設の良い場所や足場の良い場所を選び、片付けなどのマナーをきちんと守って、楽しい時間を過ごしましょう。

AllのAbout情報をお教えします。